無人島の神様「天下りヒヌカン」

By 2018年8月26日news

天下りヒヌカン様

はいさい!

ヤンバルコビトのRemyです!!

毎週、無人島と新しく色々なことを始めてしまったせいで全然ブログ更新できていませんでしたので、久しぶりの更新!!

 

最近は無人島ざんまいで、ブログのネタは沢山たまり過ぎているのですが、今回は無人島の神様のお話。

 

かれこれ無人島に行き始めてから3年経ちましたが、無人島に神様がいると色々な人に言われていたのですが、いくら探しても辿りつけないでいました。

きっと、神様に受け入れてもらってないから、まだ会えないんだって思ってました。。。

 

でも、おじぃの情報を頼りに進んでいた方向は間違っていたみたいで、偶然の出会いで出会った人から教えてもらった情報を頼りに冒険に出かけることになりました!!

 

この日、無人島に来ていたお客様は14名様!!

冒険に出かけようとメンバーを誘ったところ!!

 

まさかのまさかで無人島で東京にいた時の友達と再開w

しかも、偶然!!

ってことで、お手伝いで来ていた、山中さんと友達のkaoちゃんと夏也を連れて真夏の無人島に神様を探す冒険に出かけました。

みんなジャングルに入る格好じゃないですねw

真夏の無人島を舐めてるかのような格好だし、サンダルw

夏也 に関しては顔無くなっちゃてますねw

ジャングルを進み、海の中を進み…

びっくりするくらい広い島にはまだまだ見た事のない景色が一杯!!

フェスができそうな広場や牧場ができそうな場所も沢山!!

広場も抜けた先に突如現れた神様!!!

まるで、ここだけがクーラーの効いた部屋の様にひんやりとしていて、汗だくになって歩いて来た体が寒いくらい。

 

真夏の無人島とは思えない。

 

そこは教会の中の様な静けさと厳かなパワーがジワジワと体に感じられ、体が急に軽くなって、そこまで辿り着くのに1時間近くかかった疲れも全て吹き飛んだ!!

 

木に挨拶をして触れると何か胸の奥が熱くなって来て、まるで、神様に呼ばれた気がした。遠い昔からこの島と関わりがあったんじゃないかと思わせる様な温もりと生きているということを感じさせる気の流れを感じた。

 

3年間、色々な悩みや続けていけなくなる様な出来事があったけど、続けて来たことを、この島が何よりも見ていてくれたのだと実感できた。

そして、この島を綺麗に守っていかなければいけないんだと実感した。

 

The following two tabs change content below.
ヤンバルコビト

ヤンバルコビト

東京都内で飲食店など経営しながらDJ、イベンターとして活躍後、沖縄に移住。無人島アドベンチャー、無人島貸し切り、フルムーンBBQ企画。漁師と農業を勉強しながら自給自足の暮らしができる島を作ろうと酵素ドリンクや保存食の開発に取り組みながら沖縄の自然を本当に楽しめる遊びを提案できるように日々遊びに夢中。